やんばるDONぐり〜ず

記事一覧(10)

沖縄タイムス論壇『やんばる丸ごと「遺産」森林地域 生物多様性の宝庫』

 やんばるDONぐり~ずの顧問の平良克之さんの投稿が、沖縄タイムス論壇に掲載されましたので、紹介します。2018年6月18日 沖縄タイムス 論壇 平良克之『やんばる丸ごと「遺産」森林地域 生物多様性の宝庫』 やんばる世界自然遺産取り下げに関して3日付社説「宿題に向き合う時間に」の中で、「ゾーニングを巡っては『飛び地』が複数あるなど狭い推薦地が点在する問題も指摘されている」「やんばるを一つの大きな森としてまとまりをもった世界遺産地域とするためには、ゾーニングの見直しが求められる」と、ゾーニングの再考を指摘し、先立って5月10日の「大弦小弦」でも言及しています。 そもそも当初の国立公園化案から県内外の自然保護団体は、特別保護地域は範囲が狭く分断され、拡大すべきであると、指摘し要請してきました。しかし、ゾーニング問題などへの世論がいまひとつで、メディアの報道も少なかったように思えます。推薦取り下げが問題化して、多角的に取り上げ、本質的な話題になってきた感があります。これまでは、地元の生活と世界遺産の在り方に集中してきたように思えます。単純に生活の論点ではなく、現実に誰のための、どのようななりわいの実態があるのか、よく分からないことがあるようです。世界遺産ともなると世界共有の宝、財産とつながっていくのです。 今も森林を丸裸にする皆伐が国立公園内でも行われています。この現状を私たちはIUCN(国際自然保護連合)にリポートしており、登録延期の勧告は北部訓練場返還地だけではなく、民有地も同様に認識された結果だと思います。今回の登録延期勧告の障害になったのは、やんばるの状況にあります。やんばるの森林地域はあまりに狭く、沖縄島北部の小さな世界に存在しているという認識が必要で、自然に関心を持ち、保全していくのは県民としての生き方んも関わっていくものです。この小さな世界に身を置くと、生き物たちの命に関わることに遭遇し、心の痛みを覚えることが多いものです。世界遺産登録には、この地域が生物多様性の宝庫であり、これをどう啓蒙し、どう育て、どう未来に引き継ぐか、哲学が問われています。 今、ひっそりとやんばる保全の裁判が進行しています。世界遺産候補地やんばるが係争地になっているのです。私たちの調査では集落近くの森や沢、荒れ地と思われるような森にも希少種が確認されており、やんばるは丸ごと世界遺産、天然ミュージアムと言っても過言ではありません。(那覇市、第3次・命の森やんばる訴訟原告団長、66歳)また、平良さんへの取材を元に書いたと思われる5月10日付の大弦小弦のリンクを下に貼り付けます。沖縄タイムス 2018年5月10日 大弦小弦http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/249617

森林伐採に対する抗議声明を発表しました

今年もやんばるDONぐり~ずは、県内外の環境保護団体・個人とともに、国頭村内で行われている森林伐採について、抗議声明(2018年4月3日を発表し、次の宛先に抗議声明を発送しました。〇送付先・国頭村長・国頭村議会議長・国頭村森林組合代表理事組合長・沖縄県知事・環境省環境大臣・林野庁長官抗議声明の本文を下記に貼り付けます。抗議声明の趣旨 我々は,国頭村有地において現在進行中の伐採に対して抗議の意思を表明するとともに,下記のとおり緊急に提言する。1 国頭村有地において現在進行中の伐採を直ちに中止すること2 今後やんばるの森林の伐採を行わず保全・保護のためのあらゆる方策をとること抗議声明の理由1 環境省及び沖縄県は,やんばる地域の世界遺産登録を目指す立場を明確にしている。環境省は,2016年9月15日,国内33箇所目の国立公園として,沖縄島北部地域を「やんばる国立公園」として新たに指定した。これは世界遺産登録をにらんでのことだという。 また,政府は,2017年2月2日までに,「奄美大島,徳之島,沖縄島北部および西表島」の世界遺産登録への正式推薦書をユネスコ本部に提出した。2 他方,国頭村内では,現在,下記の3か所において伐採が行われている。その伐採は,皆伐という,草木を全て伐採して山を丸裸にする方法を採っている。  ①字楚洲・我地原811-2     1.72ha ②字宜名真・吉波山1284-1    2.68ha  ③字宇良・与俣原317-15   約0.58ha  このうち②字宜名真の伐採地は,国立公園の第3種特別地域(1.38ha)が含まれている。国立公園内において1.38haという広範囲が皆伐されているという事実は,国立公園の指定が,やんばるの自然保護に十分な有効性を発揮していないことを示している。3 やんばるは,世界自然遺産登録条件のうち、「生態系」及び「生物多様性」の項目に該当する可能性があるとされている。 しかし,皆伐が行われ続けると,上記登録基準に非該当とされ,登録が困難になることは明らかである。4 やんばる地域の世界自然遺産登録を目指している環境省,沖縄県及び国頭村が,このような事態を容認・放置するのは,行政として矛盾した対応である。 世界遺産登録は,やんばるに世界的な注目を集め,集合知をもってその発展を模索する契機となりうる。持続可能性を無視して自然を利用し続けること及び人間が生活して富を得るための代償であるならばやむを得ないという態度を再考し,国頭三村が森林の保全・保護と経済的自立を両立する機会として利用すべきである。 我々は,環境省,沖縄県及び国頭村に対し,世界遺産登録という方向性に沿い,やんばるの自然をこれ以上破壊せず,保全・保護する方策を採るよう提言する。

第3次命の森やんばる訴訟提訴のご報告

 2017年12月15日、やんばるDONぐり~ずのメンバーも原告となって、那覇地方裁判所に、沖縄県を相手とする住民訴訟(違法公金支出金返還等請求事件)を起こしました。 これは、2017年11月2日に提出した住民監査請求が沖縄県監査委員会に11月20日付で却下されたため提訴したものです。却下決定では、今回対象となっている伐採地は国立公園の範囲外であることなどをあげて、対象の伐採及び公金の支出は問題はないとしています。 写真は、今回の訴訟の対象となっている伐採地と、その周辺の写真です。周辺の様子から伐採された森が、本来であれば保護されなければならない緑豊かな森だったことが分かると思います。裁判では、このような森林伐採にわたしたちの税金を使ってはならない、税金を使っての伐採をしてはならないことなどを求めていきます。 やんばるのいきもや自然を守るためには、このような天然林の伐採を止める必要があります。 「やんばるの生き物を守りたい」「緑豊かなやんばるの森を未来に残したい」 このような同じ思いを持っている人はたくさんいると思います。 訴訟は長期的なものとなります。どうか、ご支援など、よろしくお願いします!